“現場で“内製化したいなら!
RPA開発ツール「UiPath StudioX」を徹底解説
RPAは業務の効率化を実現するニューノーマル時代の働き方の中で注目されているITツールの一つです。

業務部門の方々が、自分でロボットを作成し、自分の業務を効率化するというのが一番理想的で、RPAの目指すところではありますが、実際のところ従来のRPAツールでは変数を意識することが必要なためロボット開発につまずきやすく、IT部門の支援が必須であるというのが現状です。

UiPath社が「A Robot for Every Personすべての人にロボットを」を提唱し、新製品をリリースしてから約半年がたちました。

プログラミングの知識や経験がない現場の業務担当者が自らロボットを開発し、業務自動化を実現できるように、
新たにラインナップに加わったRPA開発ツール「UiPath StudioX」。ドラック&ドロップで、ITリテラシーが高くない方でも簡単にロボットの開発ができるというものですが、果たして実際はいかなるものでしょうか。

今回のセミナーでは、StudioXについて概要やデモに加え、SIerの観点からStudioXを評価・解説いたします。

IT部門での内製化はもはや当たり前です。
現場部門での業務効率化を加速させるべく、皆さまの一助となれば幸いです。

◆本セミナーはこんな方におススメ
・スモールスタートでRPA導入をご検討中の方
・シンプルで簡単なRPA開発ツールをお探しの方
・UiPath Studioや他RPAツールでの開発が難しいと感じる方
・UiPath StudioXを知りたい方

概要・開催スケジュール

  • 開催日時
① 2020年11月25日(水)14時~15時(受付開始:13時30分)
② 2020年12月21日(月)14時~15時(受付開始:13時30分)
③ 2021年  1月13日(水)14時~15時(受付開始:13時30分)

  • 主催
TIS株式会社

  • お問合せ
TIS株式会社 エンタープライズビジネス企画部 セミナー事務局
E-mail:sol@tis.co.jp
開催終了しました

copyright TIS Inc.